夫婦としてのコミュニケーション

夫婦の形が千差万別であるように、夫婦のコミュニケーションの取り方にも、それぞれ違いがあるものです。
そんなコミュニケーション方法の1つとして挙げられるのが、「夜の営み」でしょう。
「夫婦だから何もしなくてもお互いのことがよくわかる」という人も多いでしょうが、それでも夜の営みは、夫婦にとって大事なコミュニケーションの1つです。
肌が触れ合うことで、さらに夫婦としての絆を深めることができるだけでなく、お互いのささいな変化にも気づくことができるからです。
この関係性がなくても、円満に夫婦関係を築けていれば問題ありませんが、どちらかが必要としているのにも関わらず、上手にこの関係性が築けないと、夫婦関係にヒビが入ってしまう可能性も充分あります。
それは、どちらかの体調不良が原因であっても同じことが言えるのです。

 

EDとは

パートナーのどちらかの体調不良が原因で、夜の営みによる夫婦関係が築けない場合、「病気が原因だから仕方ない」と頭の中では整理をつけることでしょう。
ですがその状態が続けば、相手を求めているのに応じてもらえないことへの不満が、どうしてもたまってしまうものです。
男性の「ED」も、そんな原因の1つとして挙げられる症状です。
EDとは、男性器の勃起機能低下のことであり、正常な勃起ができない症状のことを言います。
勃起障害や勃起不全とも言われ、性交時に充分な勃起状態が維持できずに、納得のいく性交渉が行えない状態に陥ってしまいます。
中高年世代に多い症状と思われがちですが、若い世代にも充分起こる可能性のある症状であり、実際に悩まされている若者もたくさんいるのが現状です。

 

EDの原因

EDの原因は、大きく分けると3つのタイプに分けることができます。

 

心理的ストレス

EDの原因として最も多いと言われているのが、この心理的ストレスです。
「心因性ED」とも呼ばれ、心理的なストレスが原因となりEDを発症してしまいます。
多忙な日々を送る中で自然と蓄積されたストレスをはじめ、過去の性交時に女性から投げかけられた何気ない言葉や、心無い言葉に傷ついた記憶などが原因となり、発症します。
性的なトラウマとなって心に深く残ることで、性交渉時になると緊張してしまったり、苦痛を感じてしまうようになるため、EDを発症するパターンです。

 

肉体的な障害

肉体的な機能障害が原因となり、EDを引き起こすパターンです。
スムーズな勃起には海綿体への血流が何よりも重要なカギを握りますが、血行不良に陥った状態だと血液の流れが悪いことから、正常に勃起できなかったり、勃起状態を維持できなくなってしまいます。
生活習慣病が原因で血行不良を招いたり、または加齢による血管障害や神経障害を起こすことでも肉体的な障害となって、EDを発症することになるのです。
その他、前立腺がんや膀胱がんなどといった重篤な病気が原因となり、EDを引き起こしている可能性もあります。

 

薬剤の影響

日常的に服用している薬が原因となりEDを引き起こすこともあります。
神経系に深く作用する薬や、循環器系に作用する薬などを服用していると、配合されている成分が原因となり、EDを発症してしまうパターンです。

 

旦那さんがEDだと

これまで良好な夫婦関係を築いてきた夫婦ほど、旦那さんがEDになってしまうと、夫婦関係に水を差してしまうと言ってもいいほど、死活問題となるかもしれません。
妻の立場としても、どう声をかけていいかわからなかったり、治療を勧めるべきなのかどうかも迷うものです。
「病気だから仕方ない」と思ったり、「そのうち治るだろう」と看過し、放置してしまううちに次第に夜の営みもなくなり、夫婦関係にヒビが入ってしまうこともあります。
旦那さんがEDになってしまったら、円満な夫婦関係を維持するためにも、まずは一言声をかけてみることが大事です。
どうして欲しいのか、どう対処しようと考えているのかなどを聞いてみることで、旦那さんの気持ちも楽になるかもしれません。
「そっとしておいて欲しい」という男性の場合、それ以上は声をかけずにそっと見守ることが大事です。
間違ってもEDであることを責めたり、傷つけるようなことを言ってしまうことは、避けなくてはいけません。

 

ED対策

生活習慣や食生活の見直し

過労によるストレスや、悪しき生活習慣がEDの原因となっていることもあります。
喫煙や飲酒といった生活習慣を改善するだけでも、変化が現れるはずです。
栄養バランスの偏った食事や、不規則な食事も同じです。
睡眠不足を改善し、ストレスを貯めこまない生活を心がけることもED対策となります。

 

自慰行為の質

頻繁に自慰行為を行ったり、過度な刺激によって射精する癖があると、性交渉時にEDになってしまうこともあります。
弱い刺激で時間をかけて射精するような自慰行為に変えることも、ED対策として効果的です。

 

ED治療クリニックへ通う

EDを専門的に治療しているクリニックに通うというのも、1つの手段です。
専門的な知識を持った医師から治療を施してもらうため、改善できる可能性は高くなります。
医療行為として投薬による治療もできるため、効果的です。

 

増大サプリメント

ED対策としてさらに、サプリメントを服用するという選択肢もあります。
食生活を見直すこともED対策となりますが、日常的な食卓から必要な栄養素を摂取することが難しい人も、たくさんいることでしょう。
そこで活躍するのが「増大サプリメント」です。
サプリメントは薬ではなく、あくまでも健康補助食品としての位置づけになるため、即効性があるものはありません。
ですが、長い目で見て時間をかけて体の中から改善していくという目的でもって見れば、効果が期待できるものです。
ペニスを増大させる効果が期待できるサプリメントは、現在市場にたくさん出回っていますが、その中でもおススメのサプリメントをいくつか紹介します。

 

@ヴィトックスα

人気が高い増大サプリメントのランキングで、いつも上位にランキングしている人気の増大サプリです。
動物系や植物系の有効成分にプラスして、L-シトルリンやL-アルギニンなどのミネラル系有効成分もしっかり配合されています。
ポリフェノールの一種とされるレスベラトロールも配合し、増大効果を高めてくれます。
まとめて購入すればするほど割引率が高くなるという販売方法で、人気を集めているサプリメントです。

 

Aバリテイン

販売歴はまだまだ短いサプリメントですが、販売実績を確実に伸ばしていることが、人気の高さを証明するものです。
115種類もの有効成分を配合し、これらの成分を3つのカプセルにわけることで、有効成分が効果的に働くことを考えて作られたサプリメントです。
86種類もの発酵成分まで配合され、満足できる増大効果を得られる人が多いと、口コミなどで高い評判を得ています。

 

Bヴォルスタービヨンド

期間限定ですが、効果が無ければ全額返金してくれるという、嬉しい30日間返金保証付きの増大サプリです。
ペニス増大に効果的な有効成分として知られるL-シトルリンだけでなく、山芋や黒胡椒から抽出した有効成分まで豊富に配合されています。
原材料の仕入れから出荷まですべての工程において、安全に行われていることが認められたGMP認定工場で製造されている、安心安全のサプリメントです。

 

>>ペニス増大サプリメントランキングの続きを見る