EDの悩みと対策に関するまとめ

 男性が30代や40代になって感じる体の変化の1つに、勃起しにくくなるというものがあります。個人によって差がありますから、それらの年齢になったら必ずそう感じるというわけではありません。バイタリティあふれる男性なら、いくつになっても下半身が元気な場合はあります。ただ、下半身に元気がまったくない、そもそも勃起しにくいという男性も少なからずいます。これらの症状が出たら、EDの疑いがあります。20代までならEDなんて考えもしなかったのかもしれませんが、30代や40代になると男性はどうしても気になりやすいです。では、EDの悩みとは具体的にどんなものなのかを整理していきます。

 

パートナーとの性行為に不安を抱えてしまう

 

 付き合っている女性がいる、あるいは既婚して妻がいる、そんな男性にとってEDの悩みは深刻です。それは、性行為に対して大きな不安を抱えてしまうからです。たとえまったく勃起しないわけではないにしても、多少なりとも下半身に不安を抱えていては性行為がどうしてもプレッシャーになります。もしも思い通りに勃起しなかったらどうしよう、パートナーに対して失礼なのではないか、気まずい雰囲気になったら困るなどいろいろと考えてしまい、性行為に気楽に臨むことができなくなってしまいます。そして、その焦りがEDの症状をさらに悪化させてしまい、余計に性行為しにくい悪循環へと陥りがちです。これではパートナーとの間に距離ができてしまいますので、関係に亀裂が生じかねないです。

 

 EDを何とかしようとしても空回りする

 

 もともと男性は30代から40代ぐらいにかけて勃起する力が弱まってくるといわれており、そこはある程度受け入れなければいけません。しかし、20代までと比べてあまりにその変化が大きいと自身にどこか問題があるのではないかと重くとらえてしまい、そのせいで精神的に勃起しにくくなってしまいます。つまり、EDを何とかしようと気にすればするほど、空回りしやすいです。EDは肉体的な原因だけではなく心因性による影響も大きいとされていますので、変に過敏になるとますます治りにくくなってしまいます。ですので、たとえ20代と比べて衰えてきているのを実感したとしても、それを受け入れてあまり気にしないことがEDの悩みから抜け出すための1つの考え方です。

 

 EDへの対策はどうすれば良いのか

 

 どうしても不安になってしまうEDへの対策ですが、いろいろな対策があります。それは精力増強や増大のサプリを買って飲んでみる、生活習慣の中に運動を取り入れる、精力アップに良いとされる食品を食べてみる、ED治療の専門クリニックを受診して本格的に治療を始めるなどです。自身がそれほど気にしなければあまり問題にならないEDですが、パートナーがいるならやはり気にしないわけにはいきません。何歳になっても元気で現役でいられるのが男性の理想ですが、なかなかそう上手くはいきません。中高年男性ともなれば程度の差こそあれEDの悩みは抱えるものですし、どう対策していけば良いのかをはっきりさせたうえで向き合っていくことが大事です。"